ヒバクシャからの手紙 岩佐幹三さん | 原爆の記憶 ヒロシマ・ナガサキ | NHK

原爆は、人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった part1/4 - YouTube 8501正月三河万歳 兄幹三と

岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 幹三性 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 幹三性岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 幹三性 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 幹三性 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 幹三性 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 岩佐幹三さん 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、代表委員を務めた広島の被爆者、岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳だった。福岡県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男 日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)顧問で、金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)さんが7日午前3時19分、膵臓(すいぞう 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 幹三性 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 広島で被爆し、被爆証言の収集や保存に取り組んだ日本被団協の元代表委員の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓(すいぞう)がんのため、千葉県船橋市の自宅で死去した。91歳。福岡県出身。葬儀は近親者のみで行う。喪主は長男憲… 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓がんのため、千葉県内の 母と妹(好子)へ贈るコトバ母さん、好っちゃん(好子)。今年も8月6日がやって来るよ。被爆から63年がたった今でも、僕は原爆で連れ去られた母さんたちの命を甦(よみがえ)らせて、手を取り抱き合いたいという空しい願いを持ち続けているんだ。 岩佐幹三さん(いわさ・みきそう=日本原水爆被害者団体協議会の元代表委員)7日、膵(すい)臓がんのため死去。91歳。福岡県出身。葬儀 幹三性日本原水爆被害者団体協議会(被団協)顧問で金沢大名誉教授の岩佐幹三(いわさ・みきそう)氏が7日午前3時19分、膵臓...|西日本新聞は、九州

[index] [1775] [187] [1839] [1832] [671] [1790] [683] [56] [99] [938]

原爆は、人間として死ぬことも生きることもゆるさなかった part1/4 - YouTube

被爆者が証す原爆の反人間性シリーズの第1回映像作品 核兵器は人間と共存できない。原爆被害者自身が語ったことば(手記、証言)や描いた絵 ... 犬塚さんち 思い出のビデオアルバム. This video is unavailable.